パチンコ 6万発 確率

HOME > 建築物省エネ法に基づく建築物の販売・賃借時の省エネ性能表示制度

建築物省エネ法に基づく建築物の販売・賃借時の省エネ性能表示制度

省エネ性能表示制度がはじまります。
2024年4月から住宅・建築物を販売・賃貸する事業者に、省エネ性能ラベルの表示が努力義務となります。

省エネ性能表示制度における評価方法は大きく2つあります。1つは、国が指定するWebプログラムに、販売・賃貸事業者などが自ら入力し、建築物の省エネ性能の評価を行う、自己評価。もう1つは、第三者評価機関に依頼し、建築物の省エネ性能を評価する第三者評価があります。住宅性能評価・表示協会で提供している「BELS」はこの第三者評価に該当します。

関連資料の案内

自己評価

省エネ性能表示制度 概要資料

チラシ・パンフレット等

関連リンク先

  1. 建築物の省エネ性能表示制度について(国土交通省)
  2. 第三者評価(BELS)について
    当協会ホームページの//provincialvineyards.com/bels/bels.htmlをご参照下さい。

このページのTOPへ